歯科医療機器 | 販売 | レンタル | 歯科医院開業 | 歯科医院サポート | テナント物件 | 居抜物件 株式会社ウスイデンタル

最新の歯科機器をかしこく導入する方法

›トップページ ›レンタルトップ

借金せずに最新医療機器を導入する方法

歯科医院を開業するには、3,000万円が必要となるといわれております。

例)歯科医院開業時にかかる費用
入居保証金300万円
ユニット画像
内装工事1000万円
歯科医療機器1000万円
運転資金700万円
 このうち、とりわけ歯科機器は近年ますます高機能かつ高額になっており、開業を考える医師にとっては資金捻出の最大の悩みどころです。

歯科機器をかしこく導入するには?

かしこく導入するには?
 歯科医療機器の導入時、手元に充分な資金がない場合はクレジットやリースを利用するのが一般的です。
 しかしクレジットもリースも「債務」です。
原則として中途解約は認められず、万一機器が故障し使えなくなっても契約期間中は支払いを続けなければなりません。保証人がいる、保守点検や修理に費用がかかるなど、面倒も少なくありません。

そこでおすすめしたいのがレンタルシステム!

院内イメージ
 レンタルならば、短期の一定期間(*)を過ぎれば解約して支払いを停止することができ、機器の返却・増設・買い取りも自由です。 借金に相当せず、与信評価枠を狭めることになりませんから、その分資金計画にゆとりが生まれます。

*ウスイデンタルの場合、契約期間は6年。うち4年を経過すれば解約しても清算金は残りません。

安心・安全! 国内唯一の歯科医療機器のレンタルシステム

 ウスイデンタルの歯科機器レンタルサービスは、日立キャピタルとの業務提携により実現した国内唯一のビジネスモデルです。 メーカーの承認とバックアップのもと最新機器をご用意しておりますので、安心かつ安全にご利用いただけます。 定期的に無料で保守点検を実施しているほか、修理時にご負担いただく費用も部品代のみとなっています。
 さらに、レンタルにてご利用いただく機器については、メーカーによる保守点検を実施していますので、「医療機関における安全管理体制の確保(平成19年4月から義務化)」の中の医療機器保守点検が軽減できます。
*レンタルサービスは、ご要望に応じられない地域もございますので、まずはお問合せください!

 ›トップページへ ›Next レンタルのメリットへ